活動日記

地域向け情報交換会を開催させていただきました!

更新日:2018年02月07日

<写真は、2018年2月7日 北日本新聞朝刊より>

超高齢化社会、核家族化が進む日本の中で、アピアでは、2017年春にオープンした「ハッピー広場」での「健康まちづくり」をテーマにした地域連携活動を重ねるなかで、ご自身やご家族の「老後」について考えはじめた時、不安や悩みは多いが「何から手をつけていいのかわからない」「何が問題なのかわからない」ということをお聞きしました。また、アピアで実施している買い物代行・配達サービス「買い物応援団」でも、お客さまが孤独死されている現場に直面してまいりました。

そこで、地域の方の「老後の安心」と「家族のしあわせづくり」のために、一般的に「終活」と言われる分野について、専門的で難しいことや、様々な問題が、複雑化しているコトについて、老後の不安と悩みの整理と、一人ひとりにあった解決のお手伝いするサービス「アピア老後の安心窓口」を4月より開始に際し、下記の日程で、地域の方々への事業説明と、地域の実情を踏まえるために情報交換の場を開催いたしました。

参加者の方からは、

・何が問題かわからない、今すでに生まれているのかもわからないという人で、清水町でもこのような不安や悩みは増えている。

・民生委員の人たちにも、地域の活動における役に立つ情報が獲得できる機会になる。

・親の心配という目線から、平日だけでなく、週末の教室の開催の検討してほしい。
・利便性の高いサービスを提供することも可能を行政サービスへの連携検討できるといい。

などのご意見をいただきました。

4月18日のスタートに向けて、地域の方々と連携しながら、準備を進めてまいります!

まずは、たのしく、気軽に、
参加してみませんか?